2/20

桜秀蘭: 今日、やっと「Kanon」全キャラ終わりました。
真琴だけは早々に終わっていたのですが、この日一気にやっちゃいました。
一気に終わらせたからかもしれないけど、インパクト的にはちょっと物足りない気が・・・・(笑)

では、まず主キャラごとの簡単な感想を・・・。

●水瀬名雪・イチゴジャム。
思い返すと、印象はONEのみさき先輩。 どこが、というかなんとなくマイペースな所とか(笑)
っていうかね、日常が崩れてしまうと誰だって不安になるもんよね。最悪の状態でもないのだけど・・・。
でも、一番安心して物語が終わった感じがする。

●月宮あゆ・たいやき。
そういうことね・・・って感じのラスト。 でもちょっと納得は(^^;
その後が気になる感じ。

●沢渡真琴・にくまん。
いいキャラだけど、子供よね。可愛いけど。 っていうか、死に別れは悲しいよな、無条件に。
これもその後が気になる・・・。

●川澄 舞・牛丼。
舞と佐祐理さん、2人セットじゃないとね。 って、舞より佐祐理さんの方が好み。
さすがお嬢様スキー(笑)
自分は”マメではない”ので、舞はちょっと付き合うのは疲れそう・・・(^^;

●美坂 栞・カップアイス。
喫茶店で4人になって食べてるあたりの話が好き。
でもどっちかというと姉好み。

って感じ。
・・・よく分からないけど、印象的にはこんなんですねん。
一番キャラは・・・・佐祐理さん。(^^;
次点が真琴。
同級生2の桜子と同種で、これも「死」という別れの悲しみをついてくる展開なので、ダメだダメだと思っていながら、やっぱり心に残ったっていう・・・。
っていうか、真琴ってどのキャラよりも内面的に子供なんですけど・・・。
ロリ?(笑)